脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

  脊柱管狭窄症でよくあるお悩み

  • 歩くと下肢が
    しびれる

  • 腰を反らせると
    痛みが強く出る

  • しびれにより
    歩くのがつらい

  • 腕のしびれが
    よくならない

手足の痛みやしびれは「脊柱管狭窄症」が原因かも?

「足が痛くて長時間歩けない」

「手や足に痛みやしびれを感じる」

「安静にしていても腰が痛い」

といっ悩みをお持ちの方は「脊柱管狭窄症」を発症かもしれません。

 

脊柱管狭窄症は、首の骨である「頸部」と、腰の骨である「腰部」で起こる可能性があります。

 

今回は、この「脊柱管狭窄症」について原因や症状、対処法などについてご紹介します。

脊柱管狭窄症
改善メニュー Recommend Menu

脊柱管狭窄症とはどのような病気なの?

背中の真ん中を通っている背骨は、椎骨(背中の骨)や椎間板、靭帯などから構成されており、その中を「脊柱管」と呼ばれる脊髄の神経が通っています。
脊柱管狭窄症とは、この「脊柱管」が何らかの原因により狭くなることで神経が圧迫てしまった状態をいいます。

 

【脊柱管狭窄症の原因】

脊柱管狭窄症の主な原因としては「加齢」に伴う椎間板の変性や腰椎の変形などによる神経の圧迫が挙げられます。

 

【頸部脊柱管狭窄症と腰部脊柱管狭窄症】

脊柱管狭窄症は、圧迫される神経の部位によって「頸部脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」の2つに分類されます。

 

●頸部脊柱管狭窄症

頸部脊柱管狭窄症とは、頸椎(首の骨)の脊柱管が狭くなってしまった状態を指します。
この部分の脊柱管が狭くなってしまう原因としては、加齢による経年変化による場合と、生まれつき脊柱管が狭い場合が考えられます。

その他にも、交通事故や転倒などの衝撃がきっかけとなり椎間板や骨棘(同士の摩擦や変形によって発生するのトゲ)が神経を圧迫することで発生する場合もあります。

 

●頸部脊柱管狭窄症の主な症状

・首から手にかけての痛みやしびれ

脊髄から外へ出てきた神経根が圧されることで、首から手にかけての痛みしびれを感じることがあります。

 

・握力低下

手の痛みやしびれにより握力の低下がみられる場合があります。

 

・運動・下肢障害

症状が進行すると手だけでなく足にもしびれが起こることがあります。
その結果、関節の動きが悪くなったり、歩行・排尿困難などの症状が出現する場合もあります。

 

●腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、腰の骨である「腰椎」が変性し神経が圧迫された状態です。
こちらも頸部の場合と同様に加齢による経年変化による場合が多いですが、腰を曲げる時間の多い労働による腰への負担がきっかけとなり発症することもあります。

すべり症などによる背骨のずれや椎間板ヘルニアなどの病気により腰部の脊柱管が圧迫されることで発生する場合もあります。

 

●腰部脊柱管狭窄症の主な症状

・間歇性跛行(かんけつせいはこう)

腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状として長い距離を続けて歩くことが難しくなる間歇性跛行(かんけつせいはこう)があります。
歩いているときに、ふくらはぎなどに痛みしびれ疲労感を感じます。
またこの間歇性跛行(かんけつせいはこう)は、歩く、背筋を伸ばす、反らせるなどの動作時に痛みを感じ、前かがみになる姿勢をとるとやわらぐという特徴があります。

 

・足のもつれ

足のしびれや痛みによって動きが悪くなり、歩行途中に足がもつれてしまったり、階段の昇降が困難になる場合があります。

 

・仰向けになると痛みが増す

仰向けの姿勢は腰に負担がかかるため、痛みやしびれが強くなる可能性があります。

 

【神経の圧迫部分による3つの型】

腰部脊柱管狭窄症は医学的に、神経が圧迫される場所により3つの型に分かれています。

 

●馬尾型(ばびがた)

脊柱管の中心部分が狭くなり脊柱管の中を通る「馬尾神経」を圧迫している状態です。
両方の脚のしびれや痛み、進行すると排尿障害が発生します。

 

●神経根型

脊柱管の外側が狭くなることで、馬尾から分かれた神経の根元「神経根」が圧迫された状態です。
お尻や脚に痛みを感じます。片側に症状があらわれることが多いです。

 

●混合型

馬尾神経と神経根が圧迫されている状態です。
神経根型と馬尾型の両方の症状が現れます。

脊柱管狭窄症の対処法・予防法について

脊柱管狭窄症が進行してしまうと、しびれにより睡眠障害が起こったり歩行・排尿困難が起こる場合もあります。
日常生活に支障をきたしてしまいますので、症状を感じたら早めに対処するようにしましょう。

 

【対処法】

●安静にする

症状が強い場合は安静にして、症状を悪化させないようにしましょう。

 

●立ちっぱなしや長時間の歩行は避ける

長い時間立っていたり、長時間の歩行は腰に負担がかかります。
小まめに休憩を挟んだり、杖や手すりを利用して腰への負担を軽減しましょう。

 

●患部に負担をかけない

脊柱管搾取症は、腰を反らせたり曲げたりすると痛みを強く感じます。
腰に負担をかける動作をなるべく控え、痛みが出たら腰をかがめるようにすると痛みが柔らぎます。

 

【予防法】

●ストレッチ

腰回りを中心にストレッチを行うことで筋肉の緊張が緩和されます。
その結果、神経や血液の巡りがスムーズになり、脊柱管搾取症の予防につながります。

 

●筋力トレーニング

足腰の筋力を鍛えると身体のバランスが安定し、脊柱管搾取症の予防に効果的です。

 

●不良姿勢の改善

普段の生活から正しい立ち姿勢や座り姿勢を意識することで身体のバランスが整い、神経や血液の巡りが改善され、脊柱管搾取症の予防につながります。

大口ビオス整骨院【脊柱管狭窄症】に対するアプローチ方法

脊柱管狭窄症を改善するために必要なことは大きく2つあります。

①股関節から骨盤のスムーズな動き、機能を回復すること

股関節の動きが悪いと、股関節で足りない動きを腰が補うことになります。
脊柱管狭窄症を悪くしてしまう原因の一つは、股関節がしっかり伸びない分を腰を伸ばしてしまうことです。

股関節がしっかり伸びて上体を起こすことが出来れば、腰を余計に反らせる必要はなくなりますので、結果として脊柱管狭窄を起こしにくくすることが出来ます。

 

②背骨を支えるおなかに力をつけること

体重が加わると、腰の背骨は反って前にズレてこようとします。
この前に出てこようとする腰の背骨をおなかの圧力を上げることで押し返す事が出来ます。
それぞれ施術で出来る部分もありますが、ストレッチやトレーニングは絶対に必要になります。

なによりもご自身の努力が最も必要です!

著者 Writer

著者画像
タカハシ リキヤ
院長:髙橋 力也
横浜出身食べ歩きが好きです!
とにかく明るくお喋りするのが好きです。
休日はドラクエウォークを使いながらお散歩してます。

患者様が施術後に楽になったと笑顔で帰っていただくのがなによりうれしいです。

どんな症状でも患者様に全力を尽くします。
何かありましたらご相談下さい。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:大口ビオス整骨院
住所〒221-0002 神奈川県横浜市神奈川区大口通8-3
最寄「大口駅」 西口
駐車場:あり(38台)
「タイムズおおぐちパーキング」をご利用いただくと30分の駐車券をお渡ししております。
                                 
受付時間
9:30〜
12:30
14:00〜
20:00
9:00~
16:00
9:00~
16:00
定休日:木曜
※土曜・日曜・祝日:9:00~16:00 休憩無し

【公式】大口ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】大口ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】大口ビオス整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中